楽天が運営するキャッシングのメリットや手続き方法

お金の融資を行う事業は消費者金融がしているイメージが強いですが、銀行のキャッシングサービスもあります。ネット銀行で有名な楽天銀行も融資事業を展開しており、WEB上で契約を完結できる点が特徴です。保証人と担保が無くても借り入れができるので、気軽に使えるキャッシングで人気です。

知名度の高い企業の楽天が運営しているために、安心して利用できるのもメリットです。

楽天のキャッシングのメリットとは

キャッシングを使うときに気になるポイントは金利です。

楽天の設定している金利は1.9%~14.5%なので、一般的な消費者金融からの借り入れと比較するとかなり安いです。消費者金融ならば最大で18%の金利が付くために、楽天から融資を受ければ低利息でお金を借りられます。

金利が低いことは返済しやすいことにつながりますし、元金を早く減らせるために短い期間で返済を終えることが可能です。キャッシングを利用する人の多くは10~30万円ほどの金額を借りることが多いですが、その場合には1か月あたりの返済金額は5000円です。

支払いしやすい金額でキャッシングを使えることや、債務の元本を減らしやすいことが特徴です。

ネット銀行のサービスなので、楽天銀行のホームページ上で手続きを済ませられるために自宅や外出先でも契約できます。パソコンやスマートフォンを使って手続きを行うために、全国のどこの地域に住んでいても関係ありません。

WEB上で契約をして借り入れの手続きをすれば、指定の口座に振込融資をしてもらえるために簡単にお金が手に入ります。振込手数料は発生しないために、無駄な手数料がかかる心配をしなくても良いです。銀行系のキャッシングですが、必ずしも楽天銀行の口座を開設する必要はありません。

口座が無くてもキャッシングの契約を行うことが可能なので、口座を作るための手間を省けます。現時点で楽天銀行の口座が無くて、すぐにお金の融資を受けたい人におすすめできるキャッシングです。ただし、即日融資を受けるには楽天銀行の口座があることが条件です。

口座が無ければ借り入れの依頼をしてから、最短で2営業日かかることを予定しておきましょう。従来型の銀行カードローンでは書面の提出が求められますが、楽天ならば運転免許証や健康保険証などの本人確認書類をスマートフォンで写真撮影をして、アプリでアップロードする方法で提出ができます。

その他の必要書類には収入証明書もあり、給与明細書や源泉徴収票の写しを用意しておくと手続きをスムーズに進められます。

審査の条件や特徴とは

楽天キャッシングの申込みが可能な条件は、年齢と収入が関係します。申込み時点での年齢が満20歳~62歳以下までの人で、安定した収入を得ていることが条件です。正社員以外の人でも申込みはできますが、パートやアルバイト、非正規社員などの場合には年齢条件が異なり、満20歳~60歳以下までの人でなければなりません。

設定されている条件を満たしていなければ、申込みをしても審査を通過しませんので注意しましょう。消費者金融のサービスと比べると融資が可能な年齢の範囲は狭いですが、銀行系の中では職業条件が無いために一定の継続的な収入があれば借り入れしやすいです。

審査では在籍確認も行われるので、申込みの際に入力した勤務先に電話がかかってきます。在籍確認は重要な審査で自分自身が電話を取る必要はありませんが、勤務先に所属していることが確認できなければ融資を受けられません。

ただし、個人名で電話がかかってくるだけですので、会社の人に借金をしていることが知られることはありません。最初に審査でキャッシング枠が決まるために、1か月のうちに借り入れ可能な金額が決まります。定められた金額よりもさらに借り入れしたいときには、増額の申込みを行います。

利用を始めてから半年以上経過している必要があり、増額を希望した際には新たに審査を受けます。審査の条件は今まで返済期限をしっかりと守っているかや、他の金融業者からの借り入れの金額が影響します。審査を通過するとキャッシング枠を増額してもらえます。

借り入れの申込方法

楽天キャッシングの借り入れの申込方法は、電話とホームページから申込む方法があります。口座があれば24時間どのような時間帯でも、振込で入金してもらえるので便利です。振込融資の他にもカードが郵送されてくるので、カードを利用して提携先のコンビニATMを使って融資を受けられます。

提携しているコンビニATMは日本全国で10万台近くあり、大手コンビニが近くにある地域ならば便利に利用できます。コンビニATMを使って融資を受けるときも手数料はかからないので、余計な費用をかけずにお金を借りられます。

初めて申込みをする際には30日間の無利息期間があるので、30日以内に返済すれば金利分の支払いをする必要が無くなります。

借金の返済の仕方

返済方法は口座からの引き落としのみしか選択肢がなく、引落先の銀行口座を事前に設定します。指定の口座は楽天銀行以外でも良く、様々な金融機関の口座を指定できます。返済日は4パターンの中から選択する方法で、設定した金融機関により返済日に指定できるかは異なります。

繰り上げ返済にも対応しており、お金の余裕があるときには早めに支払いをして元金を減らせます。繰り上げ返済の方法は振込やネット返済、コンビニATMからの支払いで行えます。繰り上げ返済を活用することで借金の元金が減り、完済までの期間を短くできます。

ネット返済を利用する場合には、インターネットバンキングのシステムに対応している銀行の口座が無ければできません。近年では大手銀行の多くがインターネットバンキングが可能なので、問題なく利用できる人がほとんどでしょう。

どのような郵送物があるのか

キャッシングを使う人は、同居の家族に借金があることを知られたくない人が多いです。そのために契約後にどのような郵送物が自宅に送られてくるのか把握することが大切です。楽天ではATMを使うとき用のローンカードや、利用明細書が郵送されます。

ローンカードと書類の郵送は自宅以外では勤務先を指定して送ってもらうこともできるので、自宅に書類が届いてほしくない人は郵送先の指定を勤務先にしたほうが良いでしょう。郵送物を完全になくす設定はできないために、家族にバレないためには必ず自分が受け取ることが重要です。